1. TOP
  2. 保育園と幼稚園の違いとは?学力の差が出るってホント?
メルマガ登録

保育園と幼稚園の違いとは?学力の差が出るってホント?

子育て この記事は約 16 分で読めます。 5,440 Views
幼稚園 保育園

私は子供の頃、幼稚園に行っていたのですが、我が子を保育園に入れようと検討する中で、「あれっ?幼稚園って入った方がいいの?」と疑問に思いました。

一番心配なのは小学校に上がったときに保育園上がりだと幼稚園と学力の差が出てしまうのか?ということです。

幼稚園の中には読み書きや簡単な計算、英会話をやってるところもあります。

小学校に入学して、他の子が読み書きが最初からできている中、うちの子だけが落ちこぼれたらどうしよう・・・なんて、そんな心配もしてしまいます。

そもそも保育園と幼稚園ってどう違うのでしょうか?

私の中では共働き家庭は保育園で、専業主婦の家庭は幼稚園というイメージがありますが、そもそも基本的なことをあまり知らなかったので、さっそく調べてみました。

保育園と幼稚園の違いとは?

保育園http://dreams-forest.ed.jp/

保育園と幼稚園は管轄や目的が違う

考えてみれば、両方とも同じような年齢の子供を預かっているのに呼び方が違います。なぜ分ける必要があるのでしょうか?それは成り立ちが違うからです。

幼稚園とは学校教育法による幼児教育施設であり、学校教育の一環として、文部科学省の管轄に置かれています。満3歳以上の幼児を対象に幼稚園教諭の免許を持った先生が教育を行います。

これに対して保育園とは親が働いているなどの理由で家庭で十分な保育が受けられない乳幼児を預かり保育する児童福祉施設で、厚生労働省の管轄になります。

保育園は子供を預かり、昼間に子供が生活する場所で、幼稚園は教育する場所。保育園は朝から晩まで子供を預かってくれるけど、幼稚園は午後3時くらいには終わってしまう。

似たようなことやってるなら統一しちゃえばいいのに、なんで別々なのかこれで分かったと思います。これがいわゆる、縦割り行政の弊害なのでしょうか、

 

保育園と幼稚園、かかる費用はどう違う?

税金http://iror io.jp/canal/20130222/47846/

認可保育園の保育料

認可保育園の保育料は自治体によって基準が異なります。平成26年度までは所得税額が基準でしたが、平成27年度からは市町村民税額が算定基準になります。

ただし、納税通知書などに記載される市民税の所得割額がそのまま保育料の算定基準になるわけではなく、住宅ローンなどで税額控除された分を足し戻しする必要があります。

(税額控除は正確には住宅ローン(住宅借入金等特別税額控除)、配当控除、寄付金控除、外国税額控除の4つです。)

 

市民税所得割の計算方法について

急に「市民税所得割」と言われても「えっ?それなに?」と分からない方も多いと思います。私も正直、年収からいくらになるのかパッと分かりませんでした。

そこで年収400万円のサラリーマンをモデルに計算したいと思います。

年収400万円のサラリーマンで奥さんが働いている場合を想定します。今回は奥さんが正社員で配偶者控除はなしとします。

①給与所得控除の額を計算

400万×20%+54万円=134万円

②社会保険料の額を計算

年収の約15%として計算

400万×15%=60万

③住民税の基礎控除の額を計算

33万円

④所得税控除の合計額を計算

給与所得控除134万円+社会保険料60万+基礎控除33万円=227万円

⑤住民税の課税対象額を計算

400万-227万=173万

⑥住民税額を計算

住民税は所得割と均等割に調整控除があります。このうち、所得割については市民税:6%、県民税4%と決まっています。

市民税の所得割額=課税対象額173万×6%=10万3800円

東京都世田谷区の場合、この金額だと階層D5の「所得割課税額が82,000円以上

122,000円未満である世帯」に該当します。

このD5の場合、3歳児未満の月額保育料は1人あたり23,000円になります。

千葉県船橋市の場合、この金額だと階層D3の市民税所得割額が97,000円以上11万5,000円未満の世帯に該当します。

このD3の場合、3歳児未満の月額保育料は25,000円になります。

一人目を預けていると、二人目は半額になり、3人目からは無料になる自治体もあります。ひとり親世帯(母子・父子家庭)や障がい者(児)のいる世帯は通常より安くなるようです(※詳しくは自治体へ)。

なお、厚生労働省の地域児童福祉事業等調査結果の概況という報告書によると、保育園の場合、世帯の児童1人あたりの平均の月額保育料は2万円~3万円が最も多いようですね。(給食費は別払いです)

世帯の児童1人あたり月額保育料をみると、「2万円以上3万円未満」が 31.9%と最も多く、次いで「1万円以上2万円未満」が 23.6%となっている。世帯の児童1人あたり月額保育料を保育所に入所している児童数別でみると、「児童が1人の世帯」では「2万円以上3万円未満」33.5%、「児童が2人の世帯」では「1万円以上2万円未満」37.2%、「児童が3人の世帯」では「1万円未満」65.4%と、最も多くなっている。(平成24年地域児童福祉事業等調査結果の概況より)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jidou/12/index.html

無認可(認可外)保育園の保育料

無認可保育園とは児童福祉法に基づく認可を受けていない保育園のことです。無認可の場合、認可保育園と比べると保育料は高くなるケースが多いようです。

施設によって料金も異なるし、地域によって上限を設けているところもあるし、補助金が出る自治体もあります。これは直接問い合わせて聞いてみるのが一番です。

幼稚園の保育料

幼稚園の場合、国が定めた保育料の上限を超えない範囲で自由に保育料が決められます。原則としてはどんな家庭でも一律ですが、保護者の所得や預ける子供の人数により多少の減免があります。

保育園の場合は自治体が保育料を決めるのに対し、幼稚園の場合は施設の設置者が決めるのが大きな違いです。

保育料は園によって違いがあるのですが、公立幼稚園と私立幼稚園では額も全然違います。

文部科学省の子どもの学習費調査(平成26年度)によると、幼稚園の学習費(学校教育費+学校給食費+学校外活動費の合計)は公立が222,264円に対し、私立は498,008円と実に2.2倍かかります。

月額で考えると公立幼稚園の場合、月平均2万円弱、私立の場合、月平均4万円強になります。公立幼稚園なら保育園とあまり変わらない料金になりますね。

 

保育園と幼稚園の保育日数・時間の違い

ママと赤ちゃん

保育園の保育日数

基本的な預かり時間は朝7時半くらいからでお迎えは5~6時が多い。大体、原則8時間以上、11時間以内が基準とされていますが延長保育を実施する園も多いです。

延長保育・預かり保育は午後5時までが基本で、延長保育は6時~7時までが多い(都市部の私立には8~9時まで対応できる園もある)。

保育日数の基準はなく、土曜・日曜と祝日、年始年末以外は基本的に開園しています。最近は土曜日や年末の保育をしてくれる保育所もあります。

幼稚園の保育日数

登園は9時(バスの場合は8時台から)で2時にお迎え。標準として4時間以上と決められています。

夏休み・冬休み等の長期休暇があり、各週土曜日も休み(但し休暇中も預かり保育が行われている場合もある)。

延長保育・預かり保育は幼稚園によっては午後4時~5時の夕方まで預かってくれるところもあるようです。最近は午後6~7時まで保育を行う園もある。

幼稚園の保育日数は39週を下らないと法令で決められており、夏休みなどの長期休暇も設けられています。

 

保育園と幼稚園の入園条件の違いとは?

平成24年に「子ども・子育て支援法」という法律ができて、平成27年度より子ども・子育て支援新制度がスタートしました。

今までは保育園か幼稚園のどちらかでしたが、新制度では両方の良さを併せ持つ認定こども園の普及が図られるようになります。

また入園方法も、自治体により1号~3号認定の3つの区分の認定に応じて幼稚園、保育園、認定こども園、地域型保育の利用先が決定されることになります。

 

3つの認定区分

1号認定 お子さんが満3歳以上で教育を希望する場合
利用先:幼稚園、認定こども園

2号認定 お子さんが満3歳以上で保育所での保育を希望する場合
利用先:保育所、認定こども園

3号認定 お子さんが満3歳未満で保育所での保育を希望する場合
利用先:保育所、認定こども園、地域型保育

 

保育園の入園方法

市町村など自治体に「保育の必要性」の認定を申請し、認定されると認定証が交付されます(2号認定、3号認定)。

保育園などに申込みをすると、自治体が申請者の希望や保育所の状況などを見て利用調整して利用先が決定され、契約となります。

待機児童の多い地域の場合、両親ともに正社員でフルタイム勤務などポイント数が高くないと入園できないこともあります。

幼稚園の入園方法

幼稚園に直接、利用の申込みをし、幼稚園から入園の内定を受けます。定員を超過する場合は面接などの選考を行います。

幼稚園を通じて利用のための申請をすると市町村を通じて認定証が交付されます(1号認定)。その後に幼稚園と契約します。

人気の高い幼稚園の場合は面接や適正テストがありますが、そうでない場合は申し込み順や全員入園なども多いようです。

 

保育園と幼稚園の園生活の違いとは?

園児とテストhttp://blog.smarted ucation.co.jp/archives/312

学力の差は出るのかどうか

保育園卒と幼稚園卒ではどちらの方が学力テストの成績が高いのか?というテーマについて、2010年に文部科学省の幼稚園課が調査したところ、「幼稚園卒の方が保育園卒よりも学力テストの成績が高い」という結果がでました。

だとしたら、なぜこのような差が生まれるのでしょうか?この結果を受けて発達心理学や保育学が専門の内田伸子先生がさらに詳しい調査を行ったところ、面白い結果が出ました。

(1)親の経済格差

読み書きの能力に関しては親の経済格差による差は見られませんでした。ただし、知能を関連する語彙の豊かさについては、所得が高い家庭の子どもの方が成績が高かったです。

これは所得の高い家庭の方が子どもに習い事をさせているケースが多いからではと見られています。習い事をすることで友だちや先生とコミュニケーションを取る機会が増えるためです。

(2)自由保育と一斉保育

保育形態の違いにより子どもの語彙の成績に大きな違いが出ました。一斉保育に比べて自由保育の時間が長い保育園や幼稚園に通っている子どもの方が成績が非常に高かったのです。

ちなみに一斉保育とは体育、音楽、お絵かきなど全員に同じことをさせる保育形態で、小学校の準備教育や英会話などを取り入れている私立幼稚園、私立保育園に多いです。

自由保育は自由遊びの時間が長く、子どもの自発性を育てやりたいことに取り組ませる保育形態。自主性を尊重しつつも、学んでほしい目標や狙いを達成できるように保育士が誘導します。

幼児にとって自由に遊んでいるときは脳みそが活発的に働いている状態で、吸収力が大きくなるので学習能力が高まるようですね。

 

給食が出るのかお弁当か

給食 保育園

http://www.sanshin-kako.co.jp/

認可保育園の場合、0歳児から2歳児までは主食(ご飯、パン)と副食(おかず)は国の補助で両方とも出されます。3歳児以降は副食のみ補助になり、主食は自宅から持参するか、有料で提供してもらうことになっています。

このことは厚生労働省の「児童福祉法による保育所運営費国庫負担金について」という資料に記載されています。

理由としては戦後は戦災孤児が多く、日の丸弁当だけでは栄養失調になるということで副食だけ提供するようになったらしいです。

しかし最近は子育て支援のために自治体によっては3歳児以降でも主食も提供している園もあるようです。

 

お昼寝があるのかないのか

お昼寝 保育園http://www.ikegami-wakaba.jp/

保育園にはあるけど幼稚園にはないのが「お昼寝制度(午睡)」です。

元々は厚生労働省の保育所保育指針の中に午睡について「適切な休息をとらせ、心身の疲れを癒し、集団生活による緊張を緩和する」という記述があり、これが根拠となって行われているようです。

寝る時間は園によって違いがありますが、お昼ご飯後に1時間半から2時間半くらい寝るようです。

幼稚園は預ける時間も短いため、基本的にお昼寝はしません。保育園の場合はお昼寝用に施設で使う布団やパジャマなどを用意する必要があります。

ただし父母の間では昼寝をすると夜寝るのが遅くなるという文句もあるため、行政側も動き出して、比較的体力のある4~5歳児のクラスでは取りやめるケースもあります。

早寝早起きのリズムを作ることで小学校の就学準備につながるなどメリットもあります。

 

行事・イベントが違うのか?

お昼寝 保育園http://www.ikegami-wakaba.jp/

保育園、幼稚園の主な行事・イベント

始業式、入園式、健康診断、歯科検診、春の遠足、プール開き、七夕祭り、夏祭り、お泊り保育、夏休み(幼稚園)、秋の運動会、秋の遠足、バザー、クリスマス会、冬休み
(幼稚園)、年始年末休み(保育園)、正月の餅つき大会、節分の豆まき、お遊戯会、新入園児体験入園(幼稚園)、卒園式、修了式、お別れ会、謝恩会(幼稚園)、慣らし保育(保育園)、春休み(幼稚園)

行事、イベント自体は保育園も幼稚園もそんなに大差はありません。差があるとすれば、それは保護者の参加する行事の曜日や時間帯、頻度、それに個人懇談や保護者会の行われる時間帯などでしょう。

幼稚園は専業主婦の方が多いので、行事なども平日の昼間に行われることが多いです。保育園は土日に行事が行われることが多いです。

また個人懇談や保護者会など、親が園に足を運ぶ時間も幼稚園は平日の昼間なのに対し、保育園は夜6時から6時半などが多いようです。

ただ口コミなどを見ると、認可・認可外、私立・公立を問わず、本当に園によってバラバラでした。中には公立保育園なのに平日開催の行事が多かったところもありました。先生たちも公務員ですから土日に休みがほしいのかもしれませんね。

 

保育園と幼稚園のそれぞれのメリット・デメリットは?

東洋経済オンラインの記事の中で保育園と幼稚園のそれぞれのメリット・デメリットについての記述がありました。

「1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ」の著者の立石美津子さんによると以下のようになるそうです。

幼稚園育ちのメリット・デメリット

●メリット

・教育施設のため一定時間、座って学習する機会も多く、列に並んだり、椅子に座る習慣がつく

・親と一緒の時が多いため、降園後、公園に行ったりお買い物を一緒にしてゆったりと過ごすことができる

・平日、降園後に習い事に通える

・就学前に必要な文字の読み書きなどを体験できる

●デメリット

・親が過保護だった場合、手をかけられ過ぎてしまう

・お弁当で好物だけを入れられていた場合、好き嫌いが多くなり学校給食で苦労することになる

 

保育園育ちのメリット・デメリット

●メリット

・靴のひもを結ぶ、ボタンをつけるなど一通り自分でできるようになる

・生活スキルが高くなりたくましくなる

・給食を通して好き嫌いがなくなる。学校給食で苦労しない

●デメリット

・お昼寝の習慣があるため、学校に上がった時、リズムに戸惑う

・親が働いているため、平日習い事に通うことができない

・自分の名前の読み書きが出来ない状態で小学校入学を迎えることがある

・トイレトレーニングなど園でやってくれるので、親は楽だが、つい先生任せになる

 

口コミ体験談

「発言小町」の「小学校に入学した時、幼稚園卒と保育園卒とで違いが出ますか?」という質問に対して数々の回答が投稿されています。

違いが感じる派と違いを感じない派に分けていくつか紹介します。

 

違いを感じない派の意見

nanaさん

保育園、幼稚園と一言でいっても、カラーがそれぞれにある訳で、一概には言えないかなあと言うのが正直な感想です。

幼稚園でものびのび系もあれば、お受験対策ばっちりで、体操教室、お絵かき教室、音楽リトミック、英語、お習字それぞれを専門家に指導してもらうのを売りにしてる所もあり、それは保育園も同じです。

ただ、保育園は昼間の保育にかける子供の福祉の為なので、管轄が厚生省、幼稚園は教育の一環なので、文部省と考えが違うので、そこは仕方ないでしょう。

今子供を二人育てて見て、お受験系の幼稚園児とのびのびの保育園では1年生の最初は違いがわかるけど、3年生になればわかりません。

要するに、親の姿勢と、どう言う園風の所に子供を預けたいかではないかと思います。

私はどちらもそれぞれに良い点があると思います。

 

元幼稚園母さん

違いはない(家庭の影響の方が大きい)ように感じます。その子の個性と家庭の躾などの影響のほうが大きい気がします。

傾向としては、保育園卒の子の方が積極的で活発というか遠慮がないというか、しっかりしている気もします。

が、幼稚園卒でもしっかりしている子はしっかりしているし・・・勉強もノビノビ幼稚園の子に比べたら、親が早くから公○式などに通わせていた保育園卒の子の方が出来たり・・・

でも、小学校でどれだけその子がやる気を持って勉強や学校活動に取り組むか、家庭でどれだけ躾や親と会話など(育てられ方)をしているかの方が大事になってくると思います。

最近、テレビで「バカ親」(親ばかではない)の話が出ますが、そういう親に育てられた子は、保育園にも幼稚園にもいるでしょ。そういう親に育てられた子の方が問題な気がします。

 

違いが感じる派の意見

ピアノ講師さん

ピアノ講師をしています。
年長さん→一年生になった生徒を沢山みてきましたが、保育園卒と幼稚園卒では全然違いました。

私の地域性なだけかもしれませんが、幼稚園の方がはさみの使い方や鉛筆の持ち方、ひらがなも読めて書けました、普通の幼稚園で鼓笛隊などやっていたり、英会話、リトミック、サッカー教室などがあって、保育園の子はのんびりしている子が多いです。

礼儀正しさとかは、ご家庭の教育でしょうけど、幼稚園卒の方がしっかりしている生徒が多かったです。私はかなり一年生で差があるので、一年生の先生は大変だと思いました。

 

パート保育士さん

どちらがよくて、どちらが悪い。と言う事は一切ありません。それぞれよいところがあると思うのです。

例えば、保育園のお子さん達は活発な子が多いように思います。勉強面ではとりわけて教えたりはしていませんが、年中位になってくるとカルタ取り等を通じて、知らない内に文字も覚えていますし、毎日走り回ったり工作をしていく中で手先を器用に使う事も覚えています。

ただ、保育園の場合は強制されるわけではないので、積極的に覚えていく子と、興味を持たない子とで差が激しいなぁとは思います。

あと、幼稚園のママさん達は教育面等で子どもに対して熱心に手を掛けてしらっしゃる方が多いようにも感じます。(私の息子が通っている園だけでしょうか?)

早くから「お勉強をする。」習慣を持っている可能性が高いのは幼稚園卒の割が高いのかもしれません。

しかし保育園の子達のように創意工夫して遊ぶと言う経験も、学習する上では大切だと思いますし、小学校入学後勉強に興味を持てば一気に伸びる子も多いそうです。

 

まとめ ~園選びに重視すべきポイントとは?

実は保育園と幼稚園のどっちがいいのかという議論はそれこそ私の親の世代、数十年前からあるようです。

一般的なイメージとしては幼稚園の方が小学校のための勉強の準備ができている雰囲気がありますが、結論を言えばどちらかが良くてどちらかが悪いということは一切ありません。

小さい子供の場合、保育園や幼稚園の教育よりは、その子の個性や家庭での躾の方が影響が大きいでしょう。

また保育園も幼稚園も、地域や園によって方針にかなり違いがあります。だから「保育園だから」とか「幼稚園だから」などと画一的に論じることは難しいでしょう。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

育児GO!|子育てに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

幼稚園 保育園

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児GO!|子育てに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれてます

  • 赤ちゃん 下痢

    赤ちゃんが下痢のとき保育園はどうする?

  • 保育園 ママ

    【保育園見学】仕事復帰するママのためのチェックポイント

  • 保育園 見学

    保育園見学ってどうしても行かないとダメなの?

  • 保育士と子供

    (実例)ある認定保育園の入園準備リストを公開!