1. TOP
  2. ここに注目!葉酸サプリの選び方のコツと比較ランキング!

ここに注目!葉酸サプリの選び方のコツと比較ランキング!

 2016/07/21 妊娠・出産 この記事は約 16 分で読めます。 20,282 Views
ママと赤ちゃん

「葉酸サプリを買いたいけど、どれがいいのか分からない・・・」

そんなお悩みはないでしょうか?お腹の赤ちゃんの重要な器官が発達する妊娠初期に不足すると奇形の発症率が上がると言われている大切な栄養素の葉酸。今や国が率先して飲むように呼びかけています。

でも、いざ選ぶとなると、どのメーカーの商品も良さそうに見えて、何を基準に選べばいいのか迷ってしまうと思います。

そこで当記事では葉酸サプリを選ぶときの注目して欲しい重要なポイントを紹介します。人気があり口コミ評価も高い葉酸サプリをピックアップしてランキングにしたので葉酸サプリを選ぶ参考にして下さい♪

 



葉酸は妊娠時期によって飲むべき量が違う?

「葉酸サプリは飲んだ方がいい」ということは何となく知っていても、妊娠の時期によって飲むべき量も変わってくることを知らない方も多いのではないでしょうか?まずは国が定めた葉酸の摂取量の基準について説明します。

葉酸の摂取量

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準(2015年版)」で成人女性の摂るべき葉酸の量として1日あたり240μg(単位:マイクログラム=1000分の1ミリグラム)を推奨しています。これは普段の食生活の中で240μgを摂取して欲しいということです。

また「平成26年国民健康・栄養調査結果の概要」によると葉酸の1日あたりの摂取量は20~39歳の女性が242μgで、日頃の食生活だけで十分、必要な量が取れています。

ただし、妊婦の方はさらに+240μgで合計480μg、授乳婦の方はさらに+100μgで合計340μgを付加した量を推奨しています。

しかも妊活中、妊娠中、授乳中の場合はこれに加えてさらに葉酸をサプリで摂取する必要があります。時期によって飲む量と効果も変わってきます。

厚生労働省は妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月の期間にモノグルタミン酸型の葉酸をサプリで摂取することを推奨しています。表にまとめるとこうなります。

厚生労働省 葉酸サプリ 推奨

葉酸の効果

葉酸の効果で有名なのは胎児の奇形が発生するリスクを低減することですが、それ以外にも、心臓病・動脈硬化の予防、貧血予防、子宮頸がんの予防、妊娠高血圧症候群を予防、細胞の分裂・増殖を促進などの効果があることが研究で分かっています。

またそれに付随して上記以外の効果として、受精卵保護による妊娠力の向上、流産・早産のリスク低減、母乳の質・量を高める、産後のうつ・抜け毛予防、美容効果などの効果もあると言われています(参照:わかさのひみつ 葉酸 サプリメントラボ)。

 

厚生労働省の基準について

葉酸には2つの種類があり、1つは、ほうれん草など食事から摂取できるタイプのポリグルタミン酸型の葉酸(「天然葉酸」もしくは「食事性葉酸」と呼ばれます)。もう1つは、工場で精製されるモノグルタミン酸型の葉酸(「合成葉酸」と呼ばれます)です。

また体内での利用効率は合成葉酸が85%なのに対し、天然葉酸は50%しかありません(参照:「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」P56)。

厚生労働省は葉酸サプリで摂取すべき量と時期について、以下のように発表しています(参照:厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」)。

葉酸サプリで摂取すべき量と時期

つまり、上記の期間だけは葉酸サプリを摂取しなさいと言っていて、それ以外の期間はなるべく食事から葉酸を摂りなさい、ということです。

しかし食事性葉酸は熱に弱く、水に溶けやすく、調理や長期保存による酸化で壊れ、体内の利用効率も50%と低いという特徴があるため、食事だけで必要な葉酸を摂取するのはとても大変です。したがってモノグルタミン酸型の葉酸サプリを上手に摂取することがとても大切になります。

葉酸サプリのことが十分分かったところで、今度は葉酸サプリを選ぶ基準について説明します。

 

これだけでOK!葉酸サプリの選び方のコツとは?

 

どんな葉酸を使っているか?

葉酸には2つの種類、天然葉酸と合成葉酸があると書きましたが、実は天然葉酸のサプリはほとんど売られていません。多くのメーカーが合成葉酸を使っています。

理由は天然の食材から葉酸を抽出するのが技術的に難しいこと、天然食材に含まれる葉酸の含有量も一定ではなないことなどが挙げられます。

合成葉酸は一見、人工的で身体に悪そうな印象がありますが、純粋な成分なので利用効率がよいため、厚生労働省も合成葉酸を摂取するように推奨しています。

人工的に作られたものが身体に悪いというなら、世の中に存在する薬はみんな身体に悪いことになってしまいます。

健康食品の宣伝で「天然=安心、安全」とやたらと強調するものがありますが、天然だからといって必ずしも安心安全で、品質も上位であるとは限りません。

葉酸の研究は欧米で昔からされていますが、抽出しやすい合成葉酸で実験が行われており、その効果や副作用について豊富なデータが存在します。厚生労働省はそれらのデータを元に安全な摂取基準を策定しています。

一方で抽出しにくい天然葉酸については研究データがほとんどなく、合成葉酸よりも効果があるという結果を示すデータは今のところ存在しません。天然由来の製品の特徴をよく理解し、あまり天然という言葉に惑わされないようにしましょう。

「モノグルタミン酸型である」という記載がなく、やたら天然由来の葉酸であることを強調している葉酸サプリの場合、たいていは中身はただの合成葉酸だったりします。

ということで選ぶなら厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型の合成葉酸のサプリを選んでください。

 

カルシウムは必要量あるか?

カルシウム 摂取基準量

栄養素の中でも不足しがちなカルシウム。女性の1日あたりのカルシウム摂取量は20歳~29歳の女性は437mg、30~39歳の女性は434mgになっています(「平成26年国民健康・栄養調査結果の概要」より)。

これに対し、厚生労働省は18歳~49歳までの女性が摂取するべきカルシウムの量は1日あたり650mgとしています。つまり20~29歳の女性は213mg不足、30~39歳の女性は216mg不足していることになります。

「妊婦や授乳中だと特別にカルシウムが不足するんでしょ?」と疑問に思うでしょうが、やはり同じように摂取基準量は650㎎です。

これについて「妊産婦のための食生活指針(平成18年2月)」に以下のような記述があります。

妊娠期には、カルシウムの吸収率が上昇することから、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などにより胎盤機能低下がある場合を除き、カルシウムの付加量は必要ないとされている。また授乳期においても、一時的に骨量の減少がみられるが、授乳終了後の約6ヶ月間でほぼ妊娠前の状態に戻ることから、付加量は必要ないとされている

ということで足りない分を埋めるには216mg以上のカルシウムを摂取できる葉酸サプリが理想になります。

 

鉄分は必要量あるか?

女性の場合、鉄分の必要量は妊娠時期や月経のある・なしで変わってきます。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より以下のように決まっています。

 

妊活中(月経あり・妊娠していない)の女性の場合

妊活中(月経あり・妊娠していない)の女性の場合の鉄分摂取基準量

妊娠初期の女性の場合

妊娠初期の女性の場合の鉄分摂取基準量

妊娠中期・後期の女性の場合

妊娠中期・後期の女性の場合の鉄分摂取基準量

授乳中の女性の場合

授乳中の女性の場合の鉄分摂取基準量

ということで足りない分を埋めるには14.8mg以上の鉄分を摂取できる葉酸サプリが理想になります

 

添加物が入っていないか?

口に入れるものだからお腹の赤ちゃんにとって安全かどうか気になりますよね。主な添加物には保存料、着色料、香料、光沢剤などがあります。また賦形剤といって、錠剤の形を整えるために入っている添加物もあります。

鉄分入りの錠剤はそのままだと飲んだときに「血の味がする」と苦情が来るため、表面を光沢剤などでコーティングしたり香料で風味をよくすることが多いです。

そうしたお客さんの声を反映して、人気の商品であればあるほど無添加にこだわりを持って作れられていることが多いです。選ぶなら原材料が明記されていて無添加で安心安全であることが大切です。

 

飲みやすい大きさ・匂いか?

つわり中は吐き気をもよおすため大きな錠剤だと喉を通りにくくなります。また大きいと途中で喉に詰まることもあるので、選ぶならできるだけ錠剤のサイズの小さい葉酸サプリがよいでしょう

海外製のサプリだと長さ2cm以上の錠剤が普通だったりしますが、日本人には直径8~9mmくらいが飲み込むにはちょうどいい大きさです。

また変な匂いや味がすると飲み込みにくいので、できるだけ無味無臭のものが望ましいです。無味無臭にするためメーカーが添加物を使うこともありますが、身体に安全な光沢剤(ミツロウなど)であれば問題はないでしょう。

 

GMP基準の工場で作られているか?

GMPというのは世界で定められた適正製造規範という基準のことです。原料を仕入れてから製造、出荷するまでの全ての工程において、安全で品質が一定であるという証拠になります。

GMP基準で作られているなら、商品のHPに必ずそう記載されています。もしHPにGMPの記載がなければ品質に不安があるので選ばない方がいいでしょう。

 

放射能チェック済みか?

原発事故の影響で、原材料が放射能に汚染されているかどうかを気にする方が増えています。メーカーでもそうした声に答えるべく、自主的に第三者の検査機関に依頼して放射能検査を実施しているところがあります。

安心して飲めるように、きちんと放射能検査をしている葉酸サプリを選びましょう

 

信頼できる会社であるか?

葉酸サプリは売れる商品なため、いろんな企業が参入しています。中には金儲けのために、自社にとって都合の悪いところをあえて書かないで販売する悪質な会社も存在します。

チェックポイントとしては、お客様相談係が設置されていること、販売実績があること、クチコミ評価が高いこと、メディアへの掲載実績があること、などです。

逆に設立から歴史の浅い会社や、何の活動をしているのか正体が分かりにくい会社は避けましょう。

 

ビタミンが配合されているか?

葉酸は単独で摂るよりもビタミンB6、B12、Cとの相互作用でより効果を発揮します。特にビタミンB12は野菜には含まれておらず、主に貝やレバー、マグロなど動物性の食品に多く含まれています。

ビタミンと葉酸の相互作用

ということで、選ぶなら上記3つのビタミンをバランスよく配合している葉酸サプリを選びましょう

 

 

妊婦さんに人気の高い葉酸サプリを徹底比較!

上記の葉酸サプリの選び方のコツを元に、妊婦さんに人気が高く、口コミ評価も高い葉酸サプリを比較してランキングにしてみました。参考にしてください。

 

ベルタ葉酸サプリ

 

ベルタ葉酸サプリ

詳細はこちら

葉酸サプリの中でも人気・実績ともに総合NO.1なのがベルタ葉酸サプリです。現役ママならではの視点で開発し、ユーザーの生の声を取り入れた結果、27種類のビタミン・ミネラルに加え、20種類のアミノ酸、21種類の野菜、6種類の美容成分、鉄分、カルシウムを配合しています。

使用している葉酸は「酵母葉酸」で、通常のモノグルタミン酸型の葉酸よりも効率よく摂取することが可能です。

無添加にもこだわり、着色料・保存料・香料・漂白剤・防カビ剤・膨張剤・苦味料・光沢剤などは一切入っていないので妊婦さんにも安心安全です。当サイトの正しい選び方の基準を全て満たしており、文句なくパーフェクトなサプリです。

2015年にモンドセレクション金賞受賞して品質も世界に認められました。また、現役ママによるサポート体制があるので不安なことがあればすぐに相談できます。

注文方法は単品購入、定期購入、まとめ買いセット、夫婦セットの4種類あります。お試しで単品を購入するよりも、1回あたり2,000円安くなる定期購入がコスパがよくておすすめ。

 

ママニック葉酸サプリ

 

ママニック葉酸サプリ

詳細はこちら

ママニック葉酸サプリは化粧品を販売するレバンテ株式会社から発売された、女性200人の声を反映されて作られたサプリです。

市販の葉酸サプリの中でも比較的新しい商品だけに、ベルタなど他社製品をよく研究して、いいとこどりしたバランスのよいサプリになっています。

鉄分のみ10mgと必要量にわずかに足りていませんが、それ以外はパーフェクトで、ミネラル・ビタミン・アミノ酸は29種類、美容成分は8種類と、ベルタを上回る高品質です。

さらに便秘症の女性には嬉しい乳酸菌入りなので、妊娠中に毎日飲むサプリとしては非常にありがたいですね。

また葉酸サプリでは珍しく「15日間の返金保証」があります。これは実際に飲んでみてみて満足できなかった場合は返品返金してもらえる制度です。

注文方法は単品購入、定期購入、まとめ買い(3個、6個セット)があり、1500円以上安くなる定期購入が一押しです。

 

AFC(女性100人の声から生まれた葉酸サプリ)

 

AFC(女性100人の声から生まれた葉酸サプリ)

詳細はこちら

AFCの「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」は健康食品の販売で46年の実績があるAFCが製薬会社と共同開発したサプリです。葉酸サプリの販売実績も長く、口コミ評価は2万件を超えるほど。

原材料の最終加工国まで全部表示するなど、安心安全にはこだわっており、非常に信頼できる会社です。

AFCの最大の魅力はコスパの安さ。単品購入で2,000円未満という破格の安さは、長期間飲み続ける妊婦さんにはとってもありがたいことです。

ミネラルやビタミンもバランスよく配合されていますが、鉄分が10mg、カルシウムが200mgと、理想とする必要量には若干足りないのが残念なところです

ベルタのように美容成分も配合されていませんが、初めて葉酸サプリを購入する方にはお試しで購入するのにリーズナブルで買いやすいと思います。

注文方法は定期購入はありませんが、単品購入とまとめ買い(3個、6個セット)があり、6個まとめ買いは非常にお得になっています。

 

Lara Republic(ララ・リパブリック)の葉酸サプリ

 

Lara Republic(ララ・リパブリック)の葉酸サプリ

詳細はこちら

Lara Republicの葉酸サプリはミネラルやビタミンをバランスよく配合しておおり、比較的リーズナブルな値段の割にはコスパは良いです。しかし鉄分7.5mmと、鉄分に関しては若干少ないです

また無添加にこだわり、表面のコーティング剤も使用もしてないため、人によっては味が舌に合わないかもしれません。しかし実際に飲んだ感じでは、さほど気にならない程度でした。

ララリパブリックの良いところは定期コースを1ヶ月目から解約できることです。お試しで割安な定期を注文して万一、味が合わなかったらすぐに解約できるので安心ですね。

お値段もリーズナブルで、注文方法は単品購入と定期購入があり、定期は25%オフなのでお得に買うことができます。

 

美的ヌーボプレミアム

美的ヌーボプレミアム

詳細はこちら

美的ヌーボは最近、第二子を出産した東尾理子さんががイメージキャラクターの葉酸サプリです。

栄養成分的には27種類のビタミン・ミネラルに、オメガ3系脂肪酸のDHA&EPAも配合しておりパーフェクトな商品です。

しかし、最大のデメリットは粒の大きさ。測定すると2cm以上あります。1回につき1袋に4粒入りで、どれも大きいので、飲み込むのに一苦労します。口コミ評価でもこの点はかなりマイナス評価の対象になっています。

また、厚生労働省が推奨するビタミンB6の摂取量は1.4mg(上限は45㎎)ですが、美的ヌーボはこれを大幅にオーバーする100㎎も配合しています。

金額はベルタの2倍近くすることを考慮すると、あえて美的ヌーボを買う必要はあるのかな?とやや疑問に思います。でも、妊活中の身体作りに夫婦で飲むならおすすめかも。

注文方法は単品購入、定期購入、5日間お試し購入、夫婦セットの4つがあります。

 

ベジママ

ベジママ

詳細はこちら

関西鉄工という畑違いの会社が自社の植物工場で作ったピニトールという注目成分を配合した、一風変わった葉酸サプリです。

不妊症の原因の一つに「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」があります。若い女性の20人に1人はPCOSと言われており、赤ちゃんが欲しいと思ってもなかなかできない場合はPCOSが多いのです。

そして海外では不妊症の場合、まっさきにPCOSが疑われますが、その治療として使われる妊娠用サプリに配合されているのがピニトールで、欧米では広く利用されています。

このピニトールは食事から摂取するのは難しいため、サプリで摂取するのがおすすめです。今、日本で妊活用サプリとしてピニトールを配合しているのはベジママだけです!

ベジママのデメリットは鉄分・カルシウムの配合がないこと。これは普段の食生活で十分カバーできるからという考えによるものです。

メリットとしては初回が半額になるお得な定期コースの場合、1ヶ月目から解約できるので、お試し気分で気軽に注文できることです。

注文方法は定期コースしかありませんが、返金保証もついているので安心ですね。

 

Polepole葉酸マルチサプリ

Polepole葉酸マルチサプリ

詳細はこちら

管理栄養士さんと共同開発した葉酸サプリで、全ての配合成分に配合した理由と配合量が記載されているので安心できます。

また便秘気味の方には嬉しい乳酸菌を入っています。これは出産経験のある管理栄養士さんが妊娠中に感じた腸内環境の重要性から1粒あたり10㎎も配合しています。

美容成分など、妊活中、妊娠中、産後に不要な成分は一切排除して安心安全には非常にこだわって作られています。

またセット商品として、赤ちゃんの脳の発育を良くしたり、早産リスクを低減するDHAやEPAなどオメガ3脂肪酸のサプリをつけています。

注文方法はオメガ3とのセット商品のみで定期購入と単品購入の2つです。

 

まとめ

以上、葉酸サプリの選び方やおすすめ商品を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

一見、どの商品も良さそうに見えますが、選び方の基準が分かると商品によって長所・短所があるのが理解できると思います。

もし、あなたがまだどのサプリにするか迷っているなベルタ葉酸サプリを選んでおけば間違いなしです。

他にも、AFCやママニック葉酸サプリも細かいところにケチをつけましたが、ほぼ基準を満たしているのでおすすめです。

葉酸サプリは妊活中から授乳中まで1~2年くらい長期間飲み続けるので、注文するなら定期購入の方が圧倒的に経済的です。

しかし、解約するのに条件があるため、一度注文したら数ヶ月は飲み続けないといけません。間違って自分に合わないサプリを買わないためにも、当記事の内容を購入前の参考にしてください♪

 

 

 



\ SNSでシェアしよう! /

育児GO!|子育てに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

ママと赤ちゃん

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児GO!|子育てに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!