1. TOP
  2. 赤ちゃんの体温の正しい測り方と平熱を測る最適なタイミングとは?
メルマガ登録

赤ちゃんの体温の正しい測り方と平熱を測る最適なタイミングとは?

子育て この記事は約 9 分で読めます。 9,616 Views
赤ちゃん 体温計

赤ちゃんは最初のうちは自分で意思表示ができません。オムツなのかお腹が減っているのか、それとも何か病気なのか表情や動きを観察していち早く察知しなくてはいけません。

そんなときに頼りになるのが体温計。毎日の健康管理のためのバロメーターとしてどこの家庭でも日々、赤ちゃんの検温をしていることでしょう。

でも、不思議に思いませんか?赤ちゃんってなんでこんなに体温が高いのか?また測るときにいつも体温がバラバラなのはなぜなのか?

実は体温計には正しい測り方があり、きちんと測らないと正確な温度は出ません。また体温計嫌いの赤ちゃんをサッと検温する工夫なども紹介するのでぜひ参考にしてください。

 

赤ちゃんは体温がバラバラ?平熱を測るタイミングとは?

赤ちゃん 体温計 大泣き

赤ちゃんの体って抱っこするたびに「熱いなぁ・・・」と感じませんか?赤ちゃんは基本、大人よりも体温が高いのですが、まだ体温調節がうまくできないので、着ている服や部屋の温度などの環境の影響を受けやすいです。

また急に体温が上がり下がりするのでタイミングを誤って検温すると、とんでもない高熱や低体温になってしまいます。

 

こんな時は体温が上昇しています
  • 顔を真っ赤にして泣いている時
  • 沐浴の後
  • おっぱいを飲み終わった直後
  • 離乳食の後
  • 布団の中で寝ている時
  • 外出時

意外なのは布団の中です。赤ちゃんがスヤスヤ眠っている隙に体温を測ろうと考える親は多いと思いますが、布団の中はポカポカと温かく赤ちゃんは汗をかいているので体温は上昇しています。

赤ちゃんの体温は36℃台後半から37℃台前半が普通ですが、個人差もあります。普段から我が子の平熱を測っていると体温が上がっているのか判断する基準になるのでぜひやってみましょう。

平熱を測るタイミングとしておすすめなのは
・朝起きた時
・夜寝る前
・午前・午後の赤ちゃんが大人しくしている時

1日の中でも朝の明け方は体温が低めで夕方になると体温も高くなる傾向があります。そのため上記の4つのタイミングで平熱を測っておくことをおすすめします。

このことを知らないで検温していると本当の平熱を把握していないことになり、実際に風邪を引いた時に対応が遅れてしまうので気をつけましょう。

 

脇?首?耳?どの部位で測るのがもっとも正確なの?

身体の温度分布出典:テルモ http://www.terumo-taion.jp

赤ちゃんの体温計にはワキ用、耳用、おでこ用などがありますが、どこで測っても同じというわけではありません。

人間の体内の中心に近づくほど正確な体温が測れますが、体の外側になるほど外界の空気と接している分、長時間測らないと正確な体温が分かりません。

たとえば海外ではよく体温計を口に咥えて測っているシーンを映画などで見かけますが、口の中(舌下)は体温に近いので5分あればOKです。ただ、日本では衛生的にも他人の咥えた体温計を使いたいと思う人はいないでしょう。

直腸も体内なのでより体温に近くなりますが、これも衛生的に汚いし、測っている姿を他人に見られるのは恥ずかしいので、実際にやろうとする人はいないでしょう。

耳の中の鼓膜は体の内部に近く、鼓膜のすぐ内側では脳の動脈が通っています。赤外線を測るタイプの電子体温計なら1秒で測れます。

ワキは腋下大動脈が通っていて、ワキをぴったり閉じて10分以上測れば体温を正確に測ることができます。

動脈が通っていて他にも測りやすい場所は頸部大動脈が走っている首筋です。赤ちゃんの場合、首にシワがあるのでシワとシワの間に体温計を差して測ります。

測定場所を誤差の少ない順に並べると、
1位:直腸
2位:舌下
3位:ワキ
4位:耳
5位:おでこ

結局、従来のワキで測るタイプで時間をかけて測るのが一番正確に体温が分かります。新生児の頃は首のシワや足の付け根のシワの間、膝の裏でも測ることができますが。

体温計の使い始めは何日かかけて検温して平熱を把握しておくとよいでしょう。

 

襟から入れるのは間違いだった!?正しい検温の仕方とは?

Fever, measuring temperature for little boy

ワキで体温を測るときに、体温計ってどの方向からワキに挿していますか?実は体温計には正しい測り方というのがあり、間違ったやり方で検温すると正しい体温が測れないんです。

一番やりがちな体温計の挿し方は洋服の襟から体温計を入れて地面に対して水平方向に固定するやり方。

これ、大人が自分で測るなら調節もできますが、赤ちゃんの体温を測るならあまりよいやり方とは言えません。

体温を測る先端部分がワキを飛び出してしまう可能性があるからです。正しい体温計の挿し方は洋服の下から体温計を入れて、先端部分がワキの中心部になるように30度の角度をつけて固定します。

この際に測っている側の赤ちゃんの手のひらを上に向けるとよりワキが締り、余計な空気がなくなる分、正確に測定できます。

なお、赤ちゃんの手を胴体に巻きつけるようにすると、かえってワキに隙間ができてしまうのでよくありません。

また検温を行う前にワキが汗で濡れていると正確な体温が測れないので事前に乾いた布でよく拭いておきましょう。

予測式の電子体温計なら短時間で「ピッ!」と鳴りますが、そのままずっと抑えておくと自動的に実測式になり、10分以上たつと正確な体温を測ることができます。

ちなみに測る場所によっても誤差が出ます。ワキは正確ですが、耳やおでこはやや高くなる傾向があります。

 

こうすると体温を測りやすい!我が家の工夫とは?

赤ちゃん しゃっくり

体温計を嫌がって泣き叫ぶ赤ちゃんのために、いろいろと工夫する方は多いようです。たとえば・・・

・赤ちゃんに好きなオモチャで遊ばせるなど他に注意をそらす

・赤ちゃんを横抱きにしてワキの下に体温計を挟み、しっかり押さえつける。ついでに歌などを歌ってあげる。

・肌着と背中の間に入れて普通に寝かせておく。ねんねの間に気づかれずに測れます。

・呼吸が苦しくない程度に頭を少し持ち上げ、首のシワの間で測る。

・おっぱいを夢中になって飲んでいるときに測る

普段から触ってスキンシップをしていれば、おでこを触っただけで判断できるというお母さんも多いかもしれません。

あまり神経質になるよりは、普段からよく赤ちゃんを観察して、いつもと違う感じがしないかどうかをよく見てあげてください。

 

どうしてもうまく測れないときはどうする?

何度やってもどうしてもうまく体温が測れない時ってありますよね?そんな時は赤ちゃんの様子を見て判断するしかないのですが、見るポイントとしては以下のようなものがあります。

・ずっとぐずったりしている

・食欲がない

・赤ちゃんの顔色がいつもと違う

・呼吸が早い

・ぐったりしている。

・嘔吐がある

・便秘、下痢など排泄がいつもと違う

こうしたことを普段から観察して、もし何だか変だなと思ったら病院へ行って診てもらうとよいでしょう。

特に水分も受け付けないほどぐったりしていたら、危険なのですぐに病院へ行きましょう。

 

そもそも体温計の赤ちゃん用と大人用ってどう違うの?

オムロン けんおんくん出典:オムロン http://www.healthcare.omron.co.jp/

初めての育児ではたいてい赤ちゃん用の体温計を買うと思いますが、赤ちゃん用って大人用とどう違うのでしょうか?

体温を測る仕組みは一緒ですが、赤ちゃんが大人と違うのは、長時間じっとしていられない点。より短時間で正確な体温を測れるようになっています。

大人用にない機能としては、暗い場所でも表示が見えるようにバックライト機能がついていたりします。

また赤ちゃんが抵抗感を感じなくて済むように接触する部分がゴムでできていたり、動いても大丈夫なように曲がるようにできているものもあります。

他にも雑菌対策として丸洗いできるように防水加工されているものもあります。

ワキだと暴れる赤ちゃんもいるので耳やおでこで測るタイプもありますが、問題なのは誤差が出ることです。

 

大人用で十分?赤ちゃん用をわざわざ買う必要はない?

赤ちゃん 体温計

本当のことを言うと昔ながらの水銀の体温計で10分測るのが一番正確なんですが、赤ちゃんにはちょっと無理があります。

時間をかけて測る実測式と違い、短時間で測るものは体温を予測しているだけなので当然ながら誤差が出ます。

10分以上測り、これ以上体温が上がらないポイントのことを「平衡温(へいこうおん)」といいますが、予測式の電子体温計を開発したテルモでは1000人以上のデータを解析し、短時間で平衡温を予測するシステムを組み込んでいます。

体温の上がり方には個人差があるので短時間になればなるほど誤差が発生します。そのため、赤ちゃん用の体温計は、誤差があっても短時間で測れる方がいいのか、時間がかかっても正確な体温が測れる方がいいのか、究極の選択を迫られることになります

赤ちゃん用の体温計はたしかに大人より測りやすいかもしれませんが、正確に測るには結局、大人用と同じく時間をかけて測る必要があります。

別に大人用でも赤ちゃんの体温を測れるし、病院でも大人用を渡されることもあるので、必ずしも赤ちゃん用が必要というわけではありません。実際、大人用を使っているという方も多いそうです。

赤ちゃん用を買わなくても体温は測れますが、後々、測る時間が短いものがあった方が便利なこともあるので、1つくらい買っておいてもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

赤ちゃんの健康管理に欠かせない体温計。でも大人と赤ちゃんでは体温も測り方も違ってきます。

赤ちゃんが熱を出したときにいち早く気づけるように正しい知識と測り方で毎日検温してお子さんの健康を守りましょう。

 

関連記事

赤ちゃんの体温の測り方についていろいろと理解を深めたら、次は体温計選びです。あなたのご家庭にあった体温計の選び方にはポイントがいくつかあるので是非知った上でもっとも使いやすい体温計で赤ちゃんの体温を測ってあげてください。

\ SNSでシェアしよう! /

育児GO!|子育てに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

赤ちゃん 体温計

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児GO!|子育てに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれてます

  • 赤ちゃん 体温計

    赤ちゃん用の体温計の正しい選び方と口コミで人気の商品5選