1. TOP
  2. 産後のいぼ痔、病院に行けないときの自宅での治し方とは?

産後のいぼ痔、病院に行けないときの自宅での治し方とは?

 2016/06/14 美容・ファッション この記事は約 9 分で読めます。 8,155 Views
下痢 女性

産後のいぼ痔はツラいですよね。痔ってなかなか完治しない病気です。出産前までは痔とは無縁だったのに、急に痔に悩まされるとちょっと悲しいものがありますよね。

ただでさえ会陰切開で痛いのにいぼ痔まで加わり、座るのが痛くなります。この痛みっていつまで続くのか?放っておいたら自然に治るものなのか?

育児に追われて病院に行く暇もなく、また「恥ずかしい」という理由から病院へ行かず、放置して悪化するケースもあります。

そんな産後ママの疑問を解消すべく調べてみました。産後のいぼ痔の対処法をあなたも是非試してみてください。

 



なぜ産後にいぼ痔ができやすいの?

いぼ痔 産後 女性

妊娠中や産後のママは痔になりやすい条件が揃っており、実に2~3人に1人は痔になると言われています。

妊娠中はお腹が大きくなると内蔵が圧迫されて血行が悪くなり、腹圧がかかることで肛門周辺の静脈が鬱血(うっけつ)して痔核を作ります。

妊娠中のホルモンバランスの変化で便秘になることが多いので、硬い便が痔核を刺激して痛むことも。

また出産の際にいきむと肛門近くの血管を圧迫するため、血液がたまりやすく血管が丸い球状の静脈瘤になり、痔核となって肛門の外に出てしまいます。これをいぼ痔と言います。

産後の授乳が始まるとママは水分を取られてしまうため、カチカチに固くなった便が肛門を通過するときに傷つけやすくなり、切れ痔を引き起こします。

産後すぐは体力も奪われ、赤ちゃんの世話に追われるため、とても病院に行く暇がありません。また女性が痔の悩みで1人で病院に行くのはとても恥ずかしいため、病院へ行かず自己流で対処する方が多いようです。

 

いぼ痔の症状とは?

外痔核 内痔核出典 http://cyou-kenko.com

いぼ痔には肛門の外に痔核ができる内痔核と、肛門の中の直腸に痔核ができる外痔核の2種類あります。

排便時に痛いのは外痔核で、内痔核は目視できず、また神経も通っていないため自覚症状がなく、気づいたときには悪化して痔核が常に外に飛び出る脱肛という状態になります。

脱肛になると少しの刺激で痛みを感じたり出血したりします。悪化する前に早期発見して対処することが何よりも大事です。

このいぼの正体は静脈瘤で、一度伸びてしまった静脈瘤は二度と縮まることはなく、一度できたら自然に治癒することはありません。

 

いぼ痔は放置するとどうなる?

女性 痛い 痔

いぼ痔が飛び出ている場合、トイレに行くたびに指で押しこんだりする人も多いですが、くしゃみしたり、ストレスが溜まったりなど何かのきっかけが原因でまた飛び出てきます。

飛び出た部分は触ると痛いので、当然ながら排便すると痛くてたまりません。そのうちトイレに行くのが怖くなり、我慢するようになると今度は便秘になります。

産後は特に授乳で水分不足気味なのでカチカチの便が痔核を傷つけてしまいます。

ここまで悪化すると起きて寝返り打っても痛く、ドーナツクッションに座っても痛くなります。食事も座っていられず立って食べるようになります。

放置すればするほど症状がひどくなるので、後で手術する際のリスクも上がります。早期なら手術しなくても治るケースがあるので、根本的に治すなら病院へ行きましょう。

 

病院ではどんな治療をするの?

手術

痔の患者さんがなかなか病院へ行かない理由は痔の手術に対する不信感と恐怖心が大部分を占めています。

「すぐ手術をされる」「死ぬほど痛い」「何週間も入院しないといけない」「手術しても再発する」などです。

しかし、昔と違って最近はレーザー療法など痔の治療法が劇的に進化してきたことから、なるべく手術しないで治そうとする治療法が中心になっています。

病院での基本的な治療法としては「便を柔らかくする」、「肛門付近のすべりをよくすること」の2つが挙げられます。

生活習慣を改善して便秘にならないようにして、さらに便を柔らかくすることで肛門を通過するときに擦り傷を作らないようにします。

排便後には患部をキレイにして抗炎症軟膏を塗ります。注入軟膏、座薬の場合もあります。

 

市販の薬と病院の薬はどう違うの?

処方薬

薬局で売ってる市販の痔の薬でもいいのでは?と思うかもしれませんが、市販の薬は病院で処方される薬とは根本的に違います。

病院の薬はその患者に適切な薬を処方します。一方、市販の薬は誰が使ってもいいように成分を調整しています。そのため、症状次第では市販の薬は効きにくくなります。

もしどうしても市販の薬を使う場合は長期間ではなく短期間(2週間くらい)をめどに使ってください。それで症状が改善しないようなら改めて専門医を受診してください。

市販の薬は一般的に病院の薬よりも効果が弱いと思われがちですが、そんなことはありません。1ヶ月使わないと効果が出ない商品は売れないため、3日飲めば効果が出るように案外、強い成分を使っているのです。

痔の市販薬はステロイドを使っていることが多く、長期間使用するとステロイドの副作用が出てしまいます。

そのため、自分で判断せず、なるべく早く医師に診てもらってから処方された薬を使うようにしてください。

肛門外科を受診するのが恥ずかしい場合は女性医師に診てもらえる病院をネットで探すとか、1ヶ月検診のときに痔を打ち明けて薬を処方してもらってください。

 

授乳中はいぼ痔をどうやって治療する?

授乳中 ママ

授乳中で心配なのは母乳への影響です。内服薬は影響が出るかもしれません。軟膏はステロイドを含みます。ステロイドは母乳へ直接影響することはないと言われていますが、不安は残ります。

また手術することになれば術後の痛み止めの薬も使えなくなります。ただし、血豆程度の小さな痔なら日帰りのレーザー療法で手術出来ます。

もし症状が深刻で手術したいけど不安な場合は思い切ってミルク育児に切り替えるのもアリです。また、痛み止めを飲むのが3~4日程度で済むなら搾乳して冷凍保存しておく方法もあります。

 

いぼ痔を自宅で治療するなら?

病院へ行かずに自宅で痔のケアを行うとしたらどんな方法があるのでしょうか?基本的には便秘の改善が最優先です。

便秘の改善するために食生活を改めたり腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖などを摂取します。そして患部を清潔にして温めて血行を良くする。

こういったことを行った上でまだ余裕があれば残りの方法もぜひ試してみてください。

 

便秘を改善する

便秘 女性

便秘になると便がカチカチに固くなり、排便するときにいきんだり、肛門を傷つけたりして痔になります。つまり痔を治すにはまず便秘を治すことが大切です。

特に授乳中の妊婦さんは母乳をあげているため、1日あたり約1リットルの水分が体から出て行くと言われています。授乳したらその都度水分を補充するようにしましょう。

食生活としては食物繊維を摂ること。食物繊維には実は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があり、どちらか一方だけを食べてもかえって便秘になってしまいます。

水溶性と不溶性の食物繊維を同時にバランスよく摂るのが大切です。中でも「もち麦」は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスがよく特におすすめです。普段の白米に混ぜて炊いて食べましょう。

また腸内の善玉菌の数を増やすために善玉菌のエサになるオリゴ糖やビフィズス菌、乳酸菌の入った食品を食べるのもいいでしょう。

 

お尻を清潔に保つ

ウォシュレット

お尻を常に清潔に保つことは大切です。ウォシュレットの勢いの弱い水で優しく洗いましょう。外出先の施設によってはウォシュレットがない場合もあるので、トイレに流せるウェットティッシュも用意しておくと安心です。

痔の部分はとても皮膚が敏感になってるので、ペーパーで何度もこすると炎症を起こして悪化する可能性もあります。

また清潔にしようと強い勢いで洗い過ぎるとかえって皮膚が刺激を受けて炎症を起こしてしまうので気をつけましょう。

 

ドーナツクッション

ドーナツクッション

出産のときに会陰切開すると術後は傷口が痛み、ドーナツクッションが手放せなくなります。硬い場所に座ると傷口に圧がかかり座ることが苦痛になります。

ドーナツクッションは会陰切開だけでなく痔の症状にも有効で、肛門付近が刺激されないようにしてくれます。

産後は授乳したり、赤ちゃんを抱っこしたまま寝かしつけるときに座る機会が多いです。肛門をいたわるためにもドーナツクッションは必須のアイテムですね。

 

血行を良くする

お風呂 女性

痔はいきみで肛門付近の血管が圧迫されて鬱血したものが原因なので、肛門周りを温めて血流をよくすることはとても効果がありあす。

お風呂が一番ですが、お風呂に入れないときはお尻が入る洗面器にお湯をはってお尻をつけるのもよいです。

また軽い運動や体操など全身の血行がよくなるものならどれも有効です。授乳や育児で忙し場合は簡単なストレッチでも効果があるのでぜひお試しください。

 

シャワー・お風呂のときに押し込む

肛門の外に飛び出した痔はそのまま放置するとどんどん鬱血して大きくなっていきます。中に押し込まないと治るのも治りません。

そこでお風呂のときに湯船、もしくはシャワー中に爪を短く切った清潔な指で第一関節が入るくらい奥まで押し込みましょう。

押しこんだら肛門をキュッと締めてその位置で固定するようにしましょう。飛び出るたびにシャワーで押し込むのを繰り返すようにしてください。

産後の方は1ヶ月は湯船に入れないのでシャワーを患部に優しくあてながら行いましょう。

 

なたまめ茶

なたまめ出典 http://env.at.webry.info

口コミで気になったのが「なたまめ茶」です。なたまめ茶にはデトックスの効果があり、蓄膿症で鼻に溜まった膿を排出したり、歯茎の腫れや膿を抑えて歯槽膿漏の改善などに役立ちます。

膿を出すことから、膿を持ったいぼ痔の症状を抑える効果も期待できます。中国では古来より膿出しの漢方薬として紹介されている食材です。

血行を促進する働きもあるので、産後の授乳期で水分不足になりがちなママががぶがぶと飲むのにおすすめです。

お湯で煮出すタイプのなたまめ茶の場合、煮出した後に残ったパックにはなたまめの有効成分がたっぷり含まれているので、そのまま患部に当てるのもいいと思います。

 

ワセリン

ワセリン 痔

どこでも手に入る商品だけに、薬局でボラギノールなど痔の薬を買うのに抵抗がある方におすすめの方法です。

ワセリンといえば乾燥肌の方がよく使うイメージがありますが、痔にも有効です。ワセリンは油なので皮膚の上に簡単に膜を作ることができます。

便がスムーズに肛門を通過するために、排便する直前に行うのがいいでしょう。

直接、指で塗ると爪先で傷つける恐れもあるので、安いナイロン製の手袋にワセリンを塗って肛門周辺や内部に塗ります。

成分などが気になる方は赤ちゃん用のワセリンが売っているのでそちらがおすすめです。

 

まとめ

産後の痔はなかなか治りにくいこともあり、いつになったら痛みがなくなるのか不安を抱えながら育児をしているママさんも多いです。

でも、いぼ痔があまりに痛くて育児に集中できないという場合は思い切って肛門外科に行って診てもらうのをおすすめします。

特に子育て中でなかなか通院できないと事情を説明すれば、大量に薬を貰えます。また日帰り手術をしている病院もあります。

痔は悪化すると治りのにますます時間がかかるので、早めに専門医に診てもらいましょう。



\ SNSでシェアしよう! /

育児GO!|子育てに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

下痢 女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児GO!|子育てに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!