1. TOP
  2. 手づかみ食べでひっくり返らないオススメの食器は?

手づかみ食べでひっくり返らないオススメの食器は?

子育て この記事は約 6 分で読めます。 11,826 Views
ルラベビーの吸盤ボウルとイージーピージーのミニマット

手づかみ食べが始まってくる時期になると、赤ちゃんはスプーンやお皿を触りたがります。

中に食べ物が入っていようが関係なく、ギュッと握って持ち上げ、そのまま床に落としたり、遠くへポイッと放り投げたりします。当然、床が汚れます。

さらに食べ物を掴んだ手であちこち触るから椅子もテーブルも洋服を汚れまくりです。

後で掃除が大変だから本当は阻止したいけど、赤ちゃんの健全な発育を考えるとやりたいようにやらせるのがいいし・・・。

だったら!ということで開発されたのがテーブルにくっついてひっくり返らない食器です。

そこで口コミでも評判の高い手づかみ食べの時期にぴったりのひっくり返らない食器を紹介します。

 

手づかみ食べにはどういうタイプの食器がおすすめ?

赤ちゃん 手づかみ食べ

生後9ヶ月くらいだと、離乳食を食べさせていると、赤ちゃんがスプーンや食器に興味を持って触ろうと手を伸ばしてきます。

中におかゆや汁物が入っていても関係なく、とりあえず手を突っ込んで「グチャ」とつかもうとします。

直接、手で触ることで熱い・冷たい、硬い・柔らかいなど感触を確かめようとしています。

そこで赤ちゃんに取られまいと食器を強く握ると、赤ちゃんはさらに強く引っ張ろうとします。

本当は汚れるのを覚悟して、赤ちゃんにやりたいようにさせてやるのがいいと分かっているのですが、やっぱり床や椅子、服が汚れることには抵抗があります。

床に新聞紙を引いて後で掃除したり服を洗濯するママも多いと言いますが、本音ではやっぱり汚れるから面倒くさい。

では、こんな場合はどんな食器がいいのか?

床に落ちても割れないというなら木製やプラスチック製がいいですが、一番いいのはテーブルに吸着するタイプの食器です。

 

テーブルにくっつくタイプの食器とは?

テーブルにくっついて離れないタイプの食器には底面がシリコン製のマットと、吸盤付きの食器の2種類あります。

 

底面がシリコン製のマット

底面がシリコン製だとイージーピージーのハッピーマットやミニマットがおすすめです。

ミニマット

幅25cm×奥行き20cm

 

ハッピーマット

幅38cm×奥行き25cm

 

食べ物を入れる部分が3つに仕切られていて、丸ごと電子レンジで温めることができるし、洗い物も1つなので助かります。

問題は底面に空気が入る状況だと剥がれやすいことです。テーブルの上なら問題ないのですが、ハイチェアのテーブルだと十分な広さが確保できないケースがあります。

テーブルからマットが一部分でもはみ出てしまうと、空気が入りやすくなります。

その結果、赤ちゃんがちょっと持ち上げただけでペロッと剥がれてしまいます。

一般的なハイチェアのテーブルだと狭いのでミニマットでもはみ出すことが多いです。本来は両方ともテーブルにくっつけるのを前提としているように思います。

あと、木製のハイチェアだとテーブルの表面は見た目よりもザラザラしているので接着力が弱くなるケースがあります。

事前に別の吸盤で接着力を確認しておくと間違いがないかも。

Amazonのレビューも高評価です。確認してみてください♪

ミニマット ハッピーマット

 

吸盤タイプの食器

吸盤タイプだとLullababyの吸盤付きボウル3点セットがオススメです。

 

Lullababyの吸盤付きボウル3点セット

 

これなら場所を取らないのでハイチェアの上でも問題なくくっつくでしょう。

容器は200ml、300ml、400mlと3種類あるのですが、問題は9ヶ月くらいの赤ちゃんだと「器が少しデカいなぁ・・・」と感じるところでしょうか。

まあ、いずれは食べる量が増えてくるから問題視するほどではないのかもしれませんが。

Amazonのレビューも高評価です。ちなみに私も買いました。

Lullababyの吸盤付きボウル3点セット

吸盤の直径は小さい器から6.5cm、7.5cm、8.9cmです。

 

接着補助板

テーブルの表面に凹凸がありうまく接着できない場合は「接着補助板」という商品があります。

主に車のダッシュボードやお風呂のシャワーの取り付けに使われているようです。直径が8cmあるのでLullababyの商品でも小・中の器なら大丈夫です。

ちなみに裏技として表面の凹凸の隙間を埋めるのにハンドクリームや歯磨き粉を使う方法もあるようです。

 

 

他にも同じ吸盤タイプでリッチェルのトライシリーズもおすすめです。離乳食プレートに専用の吸盤をつけて使います。

リッチェル トライシリーズ ND 離乳食プレート

 

リッチェル トライシリーズ ND 食器用吸盤

こういったテーブルにくっつくタイプの食器を使うメリットは子供が食事に集中できることです。その結果、食べるスピードも早くなります

(うちの子は食器をいじり始めると途端に食べなくなって食器に夢中になってしまいます)

また親にとっても汚れるストレスが減るし食事時間も短くなるメリットがあります。

 

ちなみに、赤ちゃんがスプーンやお皿に手を出したときに親が阻止し続けると、逆に赤ちゃんは食べ物に一切手を出さないようになります。

これは赤ちゃんが「食べ物は口に運んでくれるものだ」と理解してしまうせいです。

せっかく芽生え始めた赤ちゃんの好奇心を、親の「掃除するのが大変だから」という都合で抑え込むのはやめましょう。

それに手づかみ食べをするとスプーンの使い方が早く上手になりますよ♪

 

まとめ

手づかみ食べが始まる時期の離乳食は根気との戦いですね。

ひっくり返って食べ物が床に散らばったり、子供の服についたりすると掃除するのがストレスになりますが、この記事で紹介したような食器を使えばまさにストレスフリーに!

親がイライラして苦痛そうにしていると、そういう感情を読み取って、子供にとっても食事の時間が苦痛になってしまいます。

少しでも食事の時間が楽しくなるためにこの記事が役立てば幸いです。

今は大変でも、長い目で見ればほんの一時期です。手がかからなくなるまでの辛抱ですよ♪

 

関連記事

歯が生え始めたら始めないといけないのが歯のケア。以下の記事を参考にしてください。

 

メールマガジンに登録しませんか?

header01

初めての妊娠・出産・育児はあなたにとって不安の連続ですよね?我が家でも毎日悩みながら子育てしてます。

人生で初めて体験することばかりで、自分では上手くやってるつもりでも、「うちの赤ちゃんは他と比べてどうなんだろうか?」と気になってしまいます。

そんなあなたに少しでも安心していただけるように、ブログにも書いてある情報を整理してメールでもお届けしています。

今すぐ最新情報をゲットしてください♪

メルマガの登録はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

育児GO!|子育てに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

ルラベビーの吸盤ボウルとイージーピージーのミニマット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児GO!|子育てに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれてます

  • 赤ちゃん レッグウォーマー

    赤ちゃん用レッグウォーマーの夏の使い方&おすすめ3選!

  • 便秘 妊婦

    気になる噂を検証!これって産後の生理再開が遅くなるor早くなる?

  • 子ども 虫歯

    繰り返す子どもの虫歯が憂鬱。虫歯を防ぐ新常識とは?

  • 赤ちゃん

    赤ちゃんの痰の取り方~ゼロゼロする時の対処法とは?

  • ズリバイ

    なかなかズリバイしない6ヶ月の赤ちゃん、練習方法は?

  • 離乳食を食べているかわいい赤ちゃん

    初めての離乳食(1回食)は何時にあげるのがベスト?