1. TOP
  2. (実例)ある認定保育園の入園準備リストを公開!

(実例)ある認定保育園の入園準備リストを公開!

子育て この記事は約 10 分で読めます。 2,398 Views
保育士と子供

保育園の入園の説明会で渡される入園準備に必要なもののリスト。

中には保育園の合格通知を受け取ったらすぐに準備しようとする人もいるかもしれませんが、ちょっと待った~!

保育園で毎日持っていく物、園に置いておくものはキチンと説明を受けてからの方がよいので、説明会までは我慢してください。

実際にリストを受け取ると、上着、下着、オムツなど、毎日必要なものの多さにびっくりします。

我が家が実際に受け取ったリストを元に、どんなものがどのくらい必要なのか、詳細を解説します。

 

保育園の入園準備はいつからが正解?

保育園 男の子0

これは絶対に「説明会で話を聞いてから」が正解です。

保育園の合格通知が来るのが2月20日頃(地域によって違いますが中旬から下旬)で、保育園の入園のための説明会が行われるのが3月の中旬(我が家は17日でした)になります。

その期間って、入園に備えていろいろ買い物に行きたくなりますが、何が必要なのか、そのリストは説明会の時に渡されます。

上着、下着、オムツ、手口拭きタオルなどは1日あたり何枚必要なのか?昼寝用の布団や毛布のカバーのサイズは?など、園によって方針が違えば必要なものも変わっていきます。

だからフライング気味に慌てて買いに走るよりも、少し待って説明会で実際に担任を受け持つ保育士さんから実物を見せてもらいながら説明を聞いてからの方がよいです。

 

疑問点があればその場で解決もできます。

たとえば食事用のエプロンの材質はどういうものがよいのか?少し硬いものが100均で売ってますが、保育士さんはもっと柔らかめがよいと言っていました。

今使っているものをそのまま使えるのか?それとも新しく買った方がよいのか?こういうのは実際に保育園で話を聞いてみないと分からないことが多いです。

だから説明会で話を聞いてから必要なものを買いに行きましょう

 

入園準備で手作りが必要なものは?

名札 縫う

裁縫が苦手なママには残念ですが、一部、手作り・手作業しないといけないことがあります。

それは名前を書くことです。

保育園では全ての持ち物に名前を書かないといけません。洋服はもちろん、使い捨てのオムツの一つ一つまで。

これは保育園での運営をスムーズにするために必要だからです。オムツだって交換した後、丸めて後で名前ごとに仕分けして処理します。その際に名前がないと困るんですね。

今回、裁縫などの作業が発生するのは敷布団、毛布のカバーに縫い付ける名前のゼッケンです。

カバーの中央部分にデカデカと白い布を貼り、名前を書かないといけません。これは手作業が必要です。

上着、下着などは裏地のタグなどに名前をかけばいいし、オムツなどは市販のスタンプがあります。

私が買ったのは楽天のハンコヤドットコムのお名前スタンプ XLサイズ、1,440円です。セットで黒インクのマイティースタンプも買いました。

お名前シールも買いました。お名前シール工場の「お名前シール ノンアイロン 洋服タグに貼って洗濯OK 耐水」、1,080円です。

アイロンがけで接着するシールなどは100均にもあります。

園に置いてある絵本などを持ち帰るための手提げバッグもサイズが指定されていますが、これは西松屋などへ行けばちょうどいいサイズのものがあります。

手口拭きタオルにはひっかける部分が必要ですが、これも市販で3枚1組くらいで売っています。

名前書きは面倒ですが、オムツ以外は一度やれば済みます。裁縫はゼッケンくらいで、後は市販で十分です。

幼稚園だともっと手作りが必要なものが多そうですが、保育園では案外このくらいで済みますよ♪

 

持ち物一覧表(毎日持ってくるもの)

我が家が受け取った入園に必要な持ち物リストを公開します。まずは毎日持ってくるものからご覧ください。季節や年齢によって必要なものが若干違ってきます。

ちなみに年齢は入園する4月の時点で決まります。つまり入園時に11ヶ月なら、その後の1年間はずっと0歳児クラスです。

乳児幼児
6ヶ月~1歳児2歳児3歳以上児








連絡ノート
園で用意します
通園リュック
口拭き用タオル
手拭き用タオル(A)(1)
手拭き用タオル(トイレ用)(1)
食事用エプロン(B)
汚物入れ

連絡ノート

これは園が用意するものです。実物は手作りで、表示に名前と園児それぞれに割り当てられる動物のシールなどが貼ってあります。

今まで育児日記を毎日つけていましたが、これからはこの連絡ノートに書き込むことになりなりそうです。

 

通園リュック

園児に自分で背負わせるためのリュックです。当然ながら乳児には無理なので必要ありません。幼児になってからです。

 

口拭き用タオル

おやつ、離乳食の前後、など月齢が低いほど使用頻度が高くなります。サイズの指定があり、20cm×20cmとなっています。

保育士さんはタオル生地のものをおすすめしていますが、ガーゼ生地のものでも大丈夫なようです。

家にはガーゼばっかりなので、大人用で使ってないタオル生地のハンカチなどを流用、買い足して揃えました。

 

手拭き用タオル

手を洗う用のタオルで、「ひもつき」と指定があります。0歳児は自分では手が洗えないので「(1)」に。

100均、西松屋などで安く売っています。自分でひもをつけるのは面倒なので市販品がいいかも。

 

手拭き用タオル(トイレ用)

これも「ひもつき」の指定があります。トイレトレーニングで自分でトイレに行けるようになったら必要になります。当然ながら0歳児、1歳児はまだ使いません。

 

食事用エプロン

これは「手作り、市販品いずれも可」と注意書きがあります。防水仕様のものがいいそうです。

保育士さんが見せてくれた実物は柔らかめの生地でできているものでした。家で使っているのはダイソーで売ってるもので、少し硬めで生地がゴワゴワします。

西松屋では柔らかめのが売っているのでこちらを買いました。

ちなみに注意書きとして手作りする場合は「浴用タオルを2分の1に折り、中にゴム紐を通して輪にする」と指定があります。

 

汚物入れ

これは「スーパーの袋、またはエコバック」と注意書きがあります。使用目的は使用済みのオムツや、着替え終わったベビー服を入れたりします。1日につき2枚使います。

エコバックを使ってもいいけど、定期的に洗濯してほしいそうです。

スーパーで買い物するときに袋をもらい続けても必要枚数に足りない気がしたので、ダイソーで55枚入りの大きめのスーパーの袋を買いました。

 

持ち物一覧表(園に置いておくもの)

園のロッカーなどに置いておくもののリストです。

乳児幼児
6ヶ月~1歳児2歳児3歳以上児








上着
下着
ズボン
パンツ(3)
おむつ1010
お尻拭き1~2
おねしょパット
帽子
歯ブラシ
防災頭巾
敷・毛布カバー(C)各1各1各1各1
バスタオル
上靴
外靴(1)
靴下(1)
外用上着
園文庫袋(D)

上着

注意書きで「フードのないTシャツ・トレーナーなど、丈の長すぎないもの」とあります。

食事で汚れたり、汗を書いたら着替えます。園では0~1歳児は1日につき3枚、2歳児以降は2枚必要になります。

必ずしも毎日3枚使うとは限りませんが、1日3枚だと洗濯のローテーション、雨の日のことを考えると最低でも3日分、9枚くらいは確保しておきたいですね。

 

下着

保育園さんの説明では「半袖、ノースリーブはおすすめしません」とのこと。

0歳児だとたいてい、股のところでパチっと留めるタイプの下着を使っていることが多いと思いますが、保育士さんがおすすめしているのはTシャツタイプのものでした。

理由は「動きにくいから」だそうで、普段使ってないので、こちらは買いに行きました。

 

ズボン

注意書きでは「スカート状のものがついていないもの」とあります。また、保育士さんがおすすめするのは「柔らかくて伸びるもの」です。

スカート部分がついているとひっかかるのでNG。厚手のものも動きにくいので非おすすめです。

家にあるズボンは余計なものがついていたり、厚手のものが多かったので買う必要がありました。ユニクロが安くてデザインも豊富なのでおすすめ。

 

パンツ

これはトイレに行けるようになる2~3歳児以降に必要になります。0~1歳児には必要ありません。

 

オムツ

0~1歳児は1日につき10個必要になります。10個です!もちろん、毎日これだけ使うとは限りませんが、1個ずつ名前を書くのは面倒ですね。

我が家の場合は名前スタンプを買いました。スタンプをペタペタ押して対処する予定です。

使用済みのオムツを丸めた状態で名前が見えるように、お尻側の真ん中に書いてほしいとのこと。

 

お尻拭き

家で使ってるような除菌のお尻拭きです。量が多い場合(下痢してるとか)場合は予備も含めて2個用意してほしいとのこと。

 

おねしょパット

これは必要な子に担任から声掛けがあるようです。

 

帽子

帽子はゴム紐つきが必須です。家にはなかったので買いに行きました。イオンだと1,500円前後でけっこういろいろなデザインが売られています。

後で目印になるような小さな布を縫い付けるようです。ちなみに3歳児以上は紅白帽子になります。

 

歯ブラシ

自分で歯磨きできるようになる3歳児以降に必要になります。当然、乳児は必要ありません。こちらも3歳児は担任から声掛けがあるそうです。

 

防災頭巾

「0歳児に必要?」とやや疑問に思いますが、イオンに行くと小さな子供用のものが売っていました(赤ちゃん用はさすがにありませんでした)。

しかし、買ってきたものの、赤ちゃんの場合、被るというよりはコートみたいに羽織る感じですね。

 

敷・毛布カバー

サイズの指定があります。幅80cm、奥行き125~135cmです。週末に洗濯するため持って帰ることになります。

実は、イオンや西松屋に行ってもこれに合うサイズが売られていません。保育園で使う布団ってすごい特殊なのかもしれません。

仕方ないので楽天で購入しました。今回買ったのは「こだわり安眠館」さんのベビー敷布団カバーです。値段も1,480円とお手頃でした。

ゼッケンに使う布は100均でもペラペラなのが売ってます。縫い付ける作業が発生するのでこれはやるしかありません。

他にも注意書きとして「カバーは袋状にしてください」「横を全開にして、スナップかファスナーでとめます」「カバーはサイズより少し大きめがいいです」「白い布地に名前を書いてカバーに縫い付けてください」など書いてあります。

 

バスタオル

これはお昼寝用です。夏に使います。ですので、4月入園時にはすぐには使わないです。乳児、幼児ともに1枚置いておけばいいようです。

 

上靴

上履きのことです。こちらは3歳以上の幼児のみ必要になります。乳児の間は裸足でいっぱい歩くことを重視し、3歳以降は自分で履くことになります。

 

外靴

これは言われたら用意すればいいようです。そのため、0歳児の場合は「(1)」、1歳児以上は1つ用意する必要があります。

歩ける子で外歩きできる子は担任から声がかかるようです。

 

靴下

0歳児は担任から声がかかったら用意すればいいです。

靴下など小さなものにも名前を書きますが、いざやってみると書くのがけっこうたいへんです。あまりデカデカと書くと保育園以外で使いづらくなりますし。

 

外用上着

注意書きとして「フードのついていないベスト、又は薄手で動きやすいもの」と指定があります。季節としてはおもに冬に使用するので入園時の4月の時点ではまだ必要ありません。

 

園文庫袋

これは保育園にある絵本を家に持って帰る用の袋です。注意書きとしては40cm×30cmのサイズ指定があります。また素材もキルティングが望ましいとあります。

これにぴったりのカバンが西松屋にデザイン豊富で売っています。安いので1つ買っておくと便利です。

 

まとめ

いかがでしたか?入園時にどういうものが必要かだいたいイメージが湧いたでしょうか?

けっこう買わないといけないものが多いし、名前書きの作業はけっこうたいへんです。

たとえば手拭き用タオルのタオル生地って名前が書きにくいです。名前シールを貼るのも難しく、タグも小さいから名前が書きづらいです。それでもなんとか名前を書かないといけません。

でも我が子のためにせっせと作業するのも大変な反面、これを使っているところを想像すると楽しくもあります。

大変なのは最初だけなので、楽しんで作業してしまいましょう♪

 

関連記事

保育園が決まって入園準備しているママ・パパにはこんな記事も参考になるかもしれません♪

 

メールマガジンに登録しませんか?

header01

初めての妊娠・出産・育児はあなたにとって不安の連続ですよね?我が家でも毎日悩みながら子育てしてます。

人生で初めて体験することばかりで、自分では上手くやってるつもりでも、「うちの赤ちゃんは他と比べてどうなんだろうか?」と気になってしまいます。

そんなあなたに少しでも安心していただけるように、ブログにも書いてある情報を整理してメールでもお届けしています。

今すぐ最新情報をゲットしてください♪

メルマガの登録はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

育児GO!|子育てに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

保育士と子供

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児GO!|子育てに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれてます

  • 保育園 ママ

    【保育園見学】仕事復帰するママのためのチェックポイント

  • 保育園 見学

    保育園見学ってどうしても行かないとダメなの?

  • 赤ちゃん 下痢

    赤ちゃんが下痢のとき保育園はどうする?

  • 幼稚園 保育園

    保育園と幼稚園の違いとは?学力の差が出るってホント?