1. TOP
  2. 赤ちゃんは自転車のチャイルドシートにいつから乗せていいの?
メルマガ登録

赤ちゃんは自転車のチャイルドシートにいつから乗せていいの?

子育て この記事は約 8 分で読めます。 1,601 Views
子供乗せ 電動自転車

2月中旬、保育園の合格の通知が届き、園までの通学にチャイルドシートのついた子供乗せ自転車を購入しようか考えているママ・パパも多いと思います。

我が家には普通の電動自転車があったので、「チャイルドシートつければいいか」と気軽に考えていたのですが、実はあまりよろしくないことが判明。

赤ちゃんを乗り降りさせるときに普通の自転車だと横倒れしやすいので、がっちりとしたスタンドやハンドル固定機能のある子供乗せ自転車の方が安心安全のようです。

でもちょっと待って!そもそも赤ちゃんって何歳(何ヶ月)から自転車に乗せていいの?

また、前と後ろのどちらに乗せればいいの?前と後ろはどう違うの?

こんな基本的なことが分かっていなかったので、子供乗せ自転車を購入するにあたり、調べてみることにしました。これから購入を検討している方は是非参考に。

 

赤ちゃんは自転車のチャイルドシートにいつから乗せていい?

子供を前に乗せている人もいれば後ろに乗せている人もいて、正直、「どっちでもいいのかな?」と最初は思っていました。

でも調べてみると明確な違いがありました。前は小さな赤ちゃん、後ろは少し成長した幼児用です。

 

前乗せタイプと後ろ乗せタイプの違いとは?

前乗せタイプの特徴は運転しながらでも赤ちゃんの様子が見られて安心感があること。使わなくなったら買い物カゴとしても使えます。ただし、風が直接当たるので冬は寒いかも。

後ろ乗せタイプの特徴は6歳くらいまで長く使えること。目は届かないけど前乗せと比べて自転車の重心が安定しています。

 

前に乗せる基準

体重15キロ以下、身長100cm以下、年齢1~4歳

※体重15キロ以下なので実際は2~3歳くらいまでが多い。

 

後ろに乗せる基準

体重22キロ以下、身長115cm以下、年齢1~6歳ですが2歳からの使用を推奨

※目が届かないので自転車に大人しく乗っていられるようになってから。

 

前後に2人乗せる基準

前後2人合わせて体重30キロまで

 

運転するママ(パパ)の基準

年齢は16歳以上(16歳未満は法令で禁止されています)

適応身長の目安(両足裏全体が地面につく高さ)はメーカー、車種によって多少異なるので目安として参考に。

1人乗りの場合、身長142~145cm以上
2人同時乗りの場合、身長146~159cm以上

前乗せタイプは1歳頃からとありますが、実際は10ヶ月くらいから乗せている方もみえます。お座りが安定していることが一つの目安です。

 

子供乗せ自転車は普通の自転車と何が違うの?

子供乗せ自転車は赤ちゃんの安全を守るために細部に渡って安心安全設計になっています。

赤ちゃんを自転車の乗せる際に危険なのは走行中と乗り降りの時です。

チャイルドシートというバランスの悪いものを取り付けたら不安定になり走行中にふらつきます。

また自転車を停車して赤ちゃんを乗り降りさせるときにハンドルが動いて自転車が横に倒れてしまう可能性もあります。

そのため子供乗せ自転車には以下のような機能がついています。

 

ハンドル固定機能

ハンドルが動くとバランスが崩れて不安定になります。そのため子供乗せ自転車のハンドルは固定する機能がついています。

 

両立スタンド

両立スタンドも通常のものよりも地面への設置面積が幅広くなってより安定するいます。

 

重心が低い

子供乗せ自転車はチャイルドシートがついて普通の自転車よりもバランスが悪く、慣れるまではグラグラして倒れやすくなります。

子供乗せ自転車はタイヤのサイズが20~22インチと車輪が少し小さい分、重心が低く設計されているので走行時もふらつかず安定性があります。

 

JIS規格の最大積載量を最初からクリアしている

2010年のJIS規格の改正でチャイルドシートを取り付けられる自転車の基準が、「最大積載量が25キロ以上のリヤキャリアを装備している」に変更されました。

最大積載量とは子供の体重とチャイルドシートの重さの合計のことです。つまり、最大積載量さえクリアしていれば普通の自転車にもチャイルドシートを取り付けることができます。

昔の自転車は最大積載量が25キロ以下のものがあります。国民生活センターの実験では横方向に振動を加えると、積載荷重の上限を超えたチャイルドシートの多くは破損しています。

子供乗せ自転車はリヤキャリアの許容積載質量が最初から27kg(または25kg)になっているので安心です。

 

自転車屋の店員さんの話

イオンの自転車屋さんに行って子供乗せ自転車について聞いてみました。おすすめされたのはヤマハのPASシリーズの「パス・キス・ミニ・アン」

前カゴが新デザインのコクーンルームになっているのが特徴です。

 

もう一つ、パナソニックのギュットシリーズです。

こちらはバッテリーの容量が20Ah(アンペア)の「ギュット・ミニ・EX」、16Ahの「ギュット・DX」「ギュット・ミニ・DX」、12Ahの「ギュット・ステージ・22」と選ぶことができます。

どちらも値段は15万円前後で性能は似たり寄ったりです。タイヤサイズ、バッテリー容量、装備の違いなどあるのでお好みの方を。

 

また、店員さんの話では毎年、保育園が決まる2月中旬から子ども乗せ自転車が売れだすそうです。

メーカーにも在庫がなくなって4月注文で納品が8月になったケースも。だから2月中旬なら買い時なようです。

 

子供を乗せる年齢について聞いてみると、やはりメーカーの指定どおり前カゴは1歳からを推奨していました。

身長や体重の上限はあるけど、下限はないので明確に基準があるわけではないけど、メーカーの推奨が1歳からなので、それ以下で乗せるのはおすすめできないようです。

 

まとめ

いかがでしたか?子供乗せ自転車にいつから乗せるか、前乗せ・後ろ乗せの場合について紹介してきました。

で、今から買うとしたらどれがいいの?というと、我が家では奥さんがどれを買うか迷っています。

ちなみに奥さんがこだわる点は「安全性、乗せやすいかどうか、漕ぎ出しがスムーズかどうか、値段」だそうです。

乗せやすいかどうかは実際に自転車売場に行って試してみないと分からないので今度行ってこようと思います。

実際に買ったらレビュー記事を書いてみようと思うので乞うご期待。

 

関連記事

授乳中のNG食材、母乳がよく出る食べ物は?

0歳児だとまだ母乳を上げているママも多いと思います。授乳中に食べてはいけない食べ物とか、母乳がよく出るようになる食べ物を紹介します。

葉酸サプリの選び方のコツと比較ランキング!

授乳中の方でも飲む必要があるのが葉酸。その葉酸サプリを選ぶときのコツを紹介します。また、人気が高い葉酸サプリを徹底比較してランキングにしたので買うときの参考にして下さい。

 

\ SNSでシェアしよう! /

育児GO!|子育てに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

子供乗せ 電動自転車

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

育児GO!|子育てに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらの記事も読まれてます

  • 赤ちゃん 寝返り

    寝返り返りができない!上手な練習方法とは?

  • 赤ちゃん アレルギー

    【食物アレルギー】赤ちゃんへの与え方の注意点とは?

  • 赤ちゃん レッグウォーマー

    赤ちゃん用レッグウォーマーの夏の使い方&おすすめ3選!

  • 赤ちゃん 咳

    赤ちゃんの咳が夜、止まらない!どうすればいい?

  • 赤ちゃん 下痢

    赤ちゃんの下痢の原因と対処法、ウイルス感染の見分け方とは?

  • 赤ちゃん 旅行

    【完全版】赤ちゃん連れ旅行に必要な持ち物リスト